トップページ > タイミング法 > 着床出血以外にあらわれる妊娠症状とは?!

着床出血以外にあらわれる妊娠症状とは?!

皆様は、着床したときにあらわれる症状をご存知でしょうか。

 

 

様々な症状を耳にしますが、検査を行うタイミングなども症状がわからないと判断ができませんよね。

では、着床した際におこる症状とはどんなものなのでしょうか?

 

着床症状の種類

◆hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌濃度が高くなる。
hCGは妊娠検査薬の陽性反応になる成分で、尿中や血中の濃度が少しずつ濃くなります。
着床してから約2週間で検査を行っていただけます。

 

◆着床出血
受精卵が子宮に着床するときに、絨毛というものが子宮壁を傷つけることがあります。
このときに伴う痛みや出血のことをいいます。
生理のときのような血ではなく、色が薄くおりものと混ざってでていることが多く、出血は1〜3日で終わります。

着床出血の時期は、排卵日から約1週間後〜生理予定日が一般的ですが、妊娠した全ての方に着床出血があるわけではございません。

 

◆ホルモンの変化による不正出血
ホルモンに変化が起こると、子宮内膜が少し剥がれ落ちて出血することがあります。
着床によってホルモンバランスが崩れることで、数週間は不正出血が起こりやすくなります。

 

◆16日以上の高温期の継続
通常、排卵日が終わったら平均で12〜14日間高温期があります。
しかし着床している場合は、16日以上高温期が続きます。

体温があがる時期は、基礎体温を毎日測ることで判断することが可能ですが、測り方が間違っていたり、記録を忘れていると正確な判断ができません。

【特集】卵子の老化を改善し妊娠率を上げる方法があった

 

上記のような妊娠症状を体験するには、やはり卵子の質を高めて着床率を上げる必要があります。

卵子の質を高める成分としはミネラルES46や亜鉛などの摂取が勧められています。


不妊治療を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談