Menu Menu

Close

トップ > コラム > 北村医師の妊活ヒント集【第34回:初診について】

コラム

2017.04.11

北村医師の妊活ヒント集【第34回:初診について】

こんにちは。 今回も妊活に役立つアドバイスや情報をお届け致します。

京都でも桜が咲いていますが、桜もいろいろな種類があるようで濃い色の桜も時に目にします。
春の晴天、暖かい日差しは四季の移ろいを感じますね。

さて、不妊症カップルの定義はもうご存知の方も多いかと思いますが、「通常の性交渉を定期的に避妊せずに行っていて1年間妊娠がない場合は不妊症の疑いあり」です。

もしかして不妊症なのかな?と思ったら少しでも早く病院で治療しましょう。

しかし、男性も女性も病院に行くのは抵抗があると思いますし、勇気が必要かもしれませんが、子どもを望みながらも1年間妊娠が実現しなければ男女ともに不妊健診を受けるべきだと思います。

では、初めて病院へ行く時に気をつけたい事をご紹介します。

・夫婦で受診すること
不妊の原因は女性だけではありません。男性にも可能性がありますので必ず夫婦で行きましょう。

・基礎体温表を持っていくこと
基礎体温表で月経周期や排卵の有無、ホルモンバランスや健康状態などがわかるので受診の際に持っていきましょう。

・月経中は控えましょう
尿検査や内診がありますので、月経中は避けるといいでしょう。

・費用は予約の時に確認しましょう
保険の適用外となる検査もありますので、事前に聞いておくと安心ですね。

二人で考え込むよりも専門家に相談したほうが解決への道は近いです。
さらに、不妊治療は早く開始したほうが妊娠率が上がりますので、迷っていらっしゃるからは、ぜひ早めに受診してくださいね。


Category pickupカテゴリピックアップ

  • 妊娠準備
  • 不妊・不妊治療
  • 妊活体験記

妊サポアカウントをフォローして、
妊活の知識を深めましょう!

妊サポオフィシャルfacebook

@love_and_babyをフォローする

ページトップへ