Menu Menu

Close

トップ > 妊活夫婦最新事情 > 腸内環境を整えましょう

妊活夫婦最新事情

2017.03.17

腸内環境を整えましょう

私たちの腸の中には500~1000種類、100兆個を超える細菌がすみついており、体調や健康状態と密接な関係があります。腸内細菌にはそれぞれ善玉菌(体にプラスとなる)と悪玉菌(体に悪さをする)、日和見菌に分けられます。

・善玉菌
腸内の消化吸収を助けたり、ビタミンの合成を促したり免疫力を助けるとして働く腸内細菌を指します。代表的なものとしては、ビフィズス菌、ガセリ菌、乳酸菌があります。

・悪玉菌
毒素を発生させたり、腸内を腐敗させたり発がん物質を作り出したりする腸内細菌を指します。代表的なものとしては、ブドウ球菌、大腸菌などがあります。

・日和見菌
通常ではとくにプラスにもならず、マイナスにもならない細菌です。
しかし、悪玉菌が多くなっている状態では便乗してマイナスの働きをすることもあります。

善玉菌と悪玉菌の数はシーソーのような関係で、善玉菌が増えると悪玉菌が減り、善玉菌が減ると悪玉菌が増えてしまいます。
そのため、善玉菌と悪玉菌のバランスを整えていることが大切です。

腸内環境が整っていないと、栄養の吸収にも影響を及ぼしかねません。せっかくサプリメントを利用していても吸収されなかったら、とてももったいないですよね。

ヨーグルトは生きたまま腸まで届くビフィズス菌や乳酸菌が含まれている商品が多く、腸内環境の改善におすすめです。

腸の中もしっかり妊活しましょう!

Category pickupカテゴリピックアップ

  • 妊娠準備
  • 不妊・不妊治療
  • 妊活体験記

妊サポアカウントをフォローして、
妊活の知識を深めましょう!

妊サポオフィシャルfacebook

@love_and_babyをフォローする

ページトップへ