Menu Menu

Close

トップ > 妊娠準備 > 妊娠を促す排卵日前後の過ごし方

妊娠準備

2016.06.02

妊娠を促す排卵日前後の過ごし方

この記事で学べること
幸福感をもたらす運動の秘訣
バランスの良い食事を心がけよう

自然妊娠の確率を上げるためにも、大切な排卵日は健やかな心身で迎えるために、妊娠を促す排卵日前後の過ごし方についてご紹介します。

sawayaka

女性の身体と心は、ちょっとしたことでバランスを崩しがち。特に、排卵日前後は、身体の不調を感じたり、情緒不安定になったりしやすい時期です。

適度な運動で穏やかな心をキープ

排卵が近づくとイライラしやすくなる女性が多いものですが、そんなときは運動で気分をスッキリさせましょう。運動といってもハードなものでなく、軽いジョギングやウォーキング、ストレッチ、ヨガなどがおすすめです。
適度な運動を行うことで血行がよくなり、身体がポカポカと温まります。また、ホルモンバランスを整える作用もあるため、妊娠しやすい身体づくりにも役に立つでしょう。

一定のリズムで行う運動が幸福感をもたらす

運動をする際に心がけたいのが、一定のリズムで行うこと。セロトニンと呼ばれる幸福感をもたらすホルモンが分泌され、イライラを和らげてくれます。ジョギングやウォーキングはもちろん、掃除機やモップをかける際にもテンポよく行うことがポイント。
家事や通勤中などさまざまな場面でリズム運動を意識すると、穏やかな心を維持しやすくなるでしょう。一人で運動するよりも、家族や友人と楽しく運動するほうがおすすめです。

妊娠力アップも!?大切なのはバランスのよい食事

食事は、身体づくりの基本です。
妊娠につなげるためにも、バランスのとれた食生活はとても重要です。ダイエット中の女性でも、過度な食事制限や糖質制限は控え、いろんな食品から栄養をとりましょう。
朝食を抜くことが多い人も要注意。朝食は基礎代謝を高め、体温を上げるために欠かせない食事です。朝食を抜くと、ホルモンバランスが乱れやすくなるので、妊活の一貫としてきちんと朝食をとる習慣をつけましょう。

コンビニ食品やファストフードは控えて

仕事で忙しいときや調子の悪いときは、ついコンビニ食品やファストフードに頼りがち。けれど、そうした食品には、保存料や添加物が多く使われていることがあるので注意が必要です。近年では、素材や安全性にこだわった商品展開をしているお店も増えていますが、購入時は注意深く確認しましょう。
余裕のあるときに常備菜を作り置きしたり、作った料理を冷凍保存しておいたりすると、手を抜きつつも栄養バランスのよい食事をとることができていいですね。

冷えは妊娠の大敵!排卵日前後は温活を徹底して

排卵日前後で注意したいのが、身体の冷えです。身体が冷えると、子宮や卵巣に十分な血液を届けられなくなり、機能が低下してしまいます。その結果、排卵障害につながることも。妊娠に欠かせない排卵が起こらなければ、自然妊娠は望めません。身体を常に温めておき、妊娠しやすい体調を保ちましょう。

また、排出された卵子が受精し、着床できるようにするためには、排卵後の過ごし方にも注意が必要です。以下に、冷えを防ぐためのポイントをご紹介します。

  • ・シャワーのみの入浴は控え、半身浴でしっかり身体を温める。
  • ・靴下やレッグウォーマーで足元の冷えを防ぐ。寒い時期は重ね履きを。
  • ・下着や腹巻きで子宮を温める。
  • ・暑い時期でも冷たい飲み物は控える。
  • ・身体を冷やす食べ物は避け、温める食べ物を選ぶ。

 

妊活を成功へ導くためには、温活にも励むことが大切です。身体を冷えから守り、排卵日前後を温かく過ごしましょう。

体内環境を整えて妊娠につなげよう

妊娠するということは、体内に命を宿すということ。血流が悪かったり、冷えていたりすると、赤ちゃんにとって居心地のよい空間にはなりません。排卵日前後は特に、運動や健康、温活などに励み、血流がよく温かな体内環境を整えましょう。


Category pickupカテゴリピックアップ

  • 妊娠準備
  • 不妊・不妊治療
  • 妊活体験記

妊サポアカウントをフォローして、
妊活の知識を深めましょう!

妊サポオフィシャルfacebook

@love_and_babyをフォローする

ページトップへ